世界最小のカメラ搭載ドローン「VIDIUS」登場


手のひらサイズでハイスペックなドローンが登場。
米国の無人航空機メーカーAxis Drones社が、世界最小のカメラ搭載ドローン「VIDIUS」を発表した。

「VIDIUS」のサイズは直径4.3cm、高さ2.5cm。
小型カメラを内蔵し、遠隔操作による静止画撮影、420p画質でのライブストリームや録画が可能だ。

バッテリー容量は150mAh、最長連続飛行時間は7分で、空の状態からわずか20分でフルチャージが可能。
3段階のスピードがプリセットされているほか、“Trick Mode”を選択すると手もとのコントローラーでアクロバティック飛行も楽しめる。

販売日は1/26(火)、価格は95ドル。
現在公式サイトでは、プレオーダー特価75ドルで予約受付中。
http://axisdrones.com/products/vidius-the-worlds-smallest-fpv-drone

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10