BETAPACK名義での初のEP、AE86 EPが本日リリース


BROKEN HAZEが参加するプロジェクトBETAPACKから国産車カルチャーをテーマにしたシリーズ最終章がリリース
大胆に車のエキゾーストサウンドをサンプリングしたINDUSTRIAL BASS MUSIC

DOWNLOAD >> https://itunes.apple.com/album/ae86-single/1382481865?app=itunes

■DESCRIPTION

今までBROKEN HAZEが国産車カルチャーをテーマにしたEPを4作リリースしてきたが、今回はBROKEN HAZEが参加するプロジェクトBETAPACKからその国産車カルチャーをテーマにしたシリースズ最終章がリリースされる。

レーベルRAID SYSTEMがBPM130-140のフロア向けトラックをリリースしていくBETAPACKラインとして過去8作品は全てメンバー個人名義でのリリースを重ねていたが、今回はそのシリーズ最終章として初めてのBETAPACK名義でのリリースとなる。

疾走感溢れるBETAPACKならではの国産車カルチャーにフォーカスした本シリーズは、実際のクルマの音などをサンプリングして加工するなどの細部にこだわった仕様となっており、今回もインダストリアルなサウンドを武器にTECHNO / GRIME / HOUSEを混ぜ合わせたフロア仕様の実験的サウンドに、大胆に車のエキゾーストサウンドをサンプリングしたINDUSTRIAL BASS MUSICとなっている。

また、今作は2018年 4, 5, 6月の3ヶ月連続リリースの中間の作品で、4, 5月はこの国産車カルチャーをテーマとした作品のリリースとなるが、6月にはBETAPACK初めてのCDフルアルバムのリリースを予定している。
フルアルバムでは今までのシリーズとは一線を画すクラブトラックとバンドスタイルを紡ぐ様な楽曲も多く収録され、全貌は間も無く明かさる。

BROKEN HAZE/////////

近未来を想像させるシンセ音、そして予測不可能な力強いビートを絡めたそのサウンドは、2013年に発表したアルバムVITAL ERRORで一気に注目を集めた。
XLR8RやPITCHFORKといったサイトでの評価やヨーロッパのラジオRINSE.FMで多くの曲がプレイされるなど着実に国外の評価を得た。SONAR SOUND TOKYOやOUTLOOK FESTIVAL JP、Cashmere Cat来日公演やHyperdubのショーケースへの出演など着実にそのキャリアを重ね早耳リスナー達を魅了してきた。
近年はファッションブランドWhite Mountaineeringのショーの音楽やSky-Hi(AAA)のプロデュースなどメジャーシーンにも進出したBROKEN HAZEが新しいサウンド・コンセプトを求めてBETAPACKを仲間と発足。エレクトロニックサウンドとバンドサウンドの融合したアルバムをリリース予定。

BETAPACK/////////

音楽や映像、アパレルギアなどをプロデュースするクリエイティブチーム。SOUNDCLOUDで突如公開されたメンバーのブートレッグシリーズやスペインのレーべルTOTAL TRAXやシドニーのSIDECHAINSなどアンダーグラウンドで話題の面々とインターナショナルなコラボ
を展開、またメンバーのソロEPがRINSE.FM, NTSRADIOなどヨーロッパを中心に多くのDJからもプレイされた。シンセやエレドラを採用し、LEDやライトを自らコントロールするオーディオビジュアルライブセットも注目を集めている。

リリース情報///////////////////

[BASIC INFO]
Title: AE86
Artist: BETAPACK
Format: DIGITAL
Digital Cat#: RSBP-009
Release Date: 2018.5.25

[TRACK LIST]
1. AE86
2. Dream

DOWNLOAD >> https://itunes.apple.com/album/ae86-single/1382481865?app=itunes

///////////////////

[BETAPACK出演情報]

TSVI / WALLWORK (NERVOUS HORIZON)
5/25(Fri) at CIRCUS TOKYO

TOKYO ASSEMBLY

///////////////////

BETAPACK Latest Release
Insert – Premiere
BROKEN HAZE ‘RX-7‘

Premiere: Broken Haze – RX-7 [Raid Systems]

/////////////////////////////////////////